--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.12 *Sat*

京都壬生狼行軍録

なんとかまとまったので

「GWそうだ!妹と京都へ行こう!主に左之さんの為に!」

レポをお送りしたいと思います。
最初にお断りしておきますが、すーーーーーんごい長いです。無駄に。そして「w」多いです。
あと、妹との会話はなるべく忠実に再現したつもりですがちょっとうろ覚え&意訳&誇張(嘘は無いですよ!)多数あります。ゆる~く読んで頂けると助かります。

写真はクリックすると大きくなります。
長いので畳んでます。Read moreからどうぞ



妹から連絡があって、日にちが決まり、張り切って池田屋はなの舞に予約の電話を入れ、妹に折り返し連絡後、おkのメールが返ってきました。
ところがその後私が体調を崩してしまい、立ってられない、座ってられない、寝ていてもしんどい状態になり、これはひょっとするとドタキャンの恐れが…と3日ほど戦々恐々としていたんですが、その後徐々に回復、予定前日にはかなり元気になりました。

愛です。左之さんへの(キリッ

当日は母と妹と3人で買い物をして、その後妹と私は京都へ向かう予定になっていたのですが、その前日、実家に到着した妹から電話があり、母が体調不良で発熱もあり、とても出かけられそうに無いという事で、時間が空いたけどどうする?池田屋だけでもいいけど他に行きたい所とかあるんじゃない?怒らないから正直に言いたまえと言われました。

確かに行きたい所はあるけど、体力的に自信がない。新選組に興味ない妹を連れ回すのも悪いしなぁ…。
と迷っていたらまさかの冷蔵庫で子供が1リットルのミルクティーのパックをひっくり返し、キッチンは怒号と罵声が響き渡り大惨事に。
電話出来るような状態ではなくなったので、とりあえず妹が飲みから帰宅したら連絡するからそれまでに考えといてーってことになりました。

どうしよう。そんな迷惑じゃねーですかと思いつつ行きたい所、時間的に回れそうな所を全てチェックし、アクセスから全て調べている自分に気が付き、結局行きたいんやな、と納得し、後に連絡をくれた妹に
「3カ所ほど行きたいです。よろしくお願いします」
「おk」
あっさり決定。

効率的にはどこかの駅で待ち合わせするのが良かったのかもしれませんが、母の体調が気になったのと、かなり長い事実家に行ってなかったのでサプライズで実家に私が原チャリで行って、そこから妹と出かけることになりました。
あのねえ、うちの実家って中途半端なんですよ。自転車でちょこっと行くには遠すぎる。だけど改まって何日も帰省するほど離れてはいない。電車で1時間くらいですから。
「いつでも行ける」と思っちゃうと却って行かないんですよ。
おまけに電車だとぐるっと遠回りして、一旦実家近所を通り過ぎ、乗り換えて後戻りって形になるのでそれがまた面倒臭い。原チャリだと40分くらいだから正直こっちのほうが楽かなあ、と思いまして決行することにいたしました。
親に予め原チャリで行くと言うと
「危ないからやめろ」
と、返ってくると思ったので、そこは内緒で妹にフォローを頼んで当日12時半頃自宅を出発しました。
子供らはそれぞれバラバラのスケジュールでしたが、とりあえずカレーとサラダの用意はして出ました。

昔は車で散々往復した道なので特に問題もなく実家に到着。ピンポンすると出て来た父母にびっくりされたのですが、私は父母に続いて出て来た妹を見てびっくり。
こいつ…!5年前と全く変わってないじゃない…!私のシミやシワの増えっぷりに比べてこの差は一体…!いや確かに若い頃から妹は年齢不詳だったなそう言えば。正直大学のキャンパスにいても違和感ないレベル。くそう羨ましい!!
母も思っていたより調子が良さそうで一安心でした。あと父は不精ヒゲを剃ってくれ。

原チャリをとりあえず門の中に置かせてもらってちょこっと休憩させてもらい、両親に見送られ妹と2人で最寄り駅へてくてく10分ほど歩きます。

妹「良かったやん、原チャリで来て正解だったんやない?ちちもははもすげえ嬉しそうだったやん。」
私「そう見えた?だったら良かったなー。協力サンキュー」
妹「うん、めっちゃテンション上がってたもん。姉が来てからな」

注:妹は私は妹のことを名前またはあんたと呼びますが、妹はあんた又は「姉(あね)」と呼びます。
これがデフォルトです。いつからかは覚えていません。

とりあえずサプライズ、良かったみたいです。

最寄り駅から梅田へ出て、阪急電車乗り場に向かいます。うひゃー梅田なんて何年ぶりだろう。人がゴミのようだ…!などと思っていると、学生時代にどーじんマンガを描く時に使うスクリーントーンをよく買っていた店が健在でちょっとニヤっとしました。黒歴史w

何も考えず阪急電車特急河原町行きへと乗車して席を確保して喋る喋る。実家を出てからもずっと喋っていたんですが、近況から始まり、ラルクやマンガ・アニメ・ゲームと内容がどんどんよりオタクに、よりディープになっていくのですがこれが止まんないんですよね。ベクトルはちょっと違ってもオタク同士だし、過去に同じゲームやその他色々に萌えた事もあって、
「え…ちょっとわかんないです」
とかが殆ど無いんですよ。梅田から目的地まで1時間弱なんですが、え?もう京都に入ってんの?ってくらいに話に夢中な私達。勿論騒いだりせず、小声で語っていましたよ。

で、なんとなく外を見るともう次終点河原町なんですよ…。大宮で降りる予定なのに…。
笑いながら河原町から折り返し普通梅田行きに乗車して2駅戻ります。ここで1つ目の衝撃。

妹「特急www大宮通過じゃねーですかwww」
私「まじすかwwwww止まんないのwww全然気が付かなかったwwwww」

自分1人ならこんなミスにうんざりして自分自身に悪態の1つもつきたくなるもんですが、妹と2人で、おまけに妹はゲラなんで2人で爆笑いたしました。
電車はかなり空いていて、普通に座れたんですが、目の前の女の子3人グループが袋ガサガサやってんな、と思っていたら袋から出てきたのは薄桜鬼のゲーム原画集だったーーーー!!!2つ目の衝撃。
私も持ってるからすぐわかる!しまいなさい!こんな所で広げちゃ駄目!気持ちはわかるけどおうちに帰ってからにしなさい!!おうちに帰るまでが遠足だから!!!

と言いたかったけど言えませんでした。妹はニヤニヤしていました。

薄桜鬼京都残照―TVアニメ薄桜鬼第一期ファンブック薄桜鬼京都残照―TVアニメ薄桜鬼第一期ファンブック
(2010/09)
「薄桜鬼」製作委員会

商品詳細を見る


大宮で下車したものの、どの出口から出るかわからない…。
私「ちょっと待って。今見てみる」
邪魔にならないように通路の端に寄り、カバンからててててっててー「クリアファイルー」登場。プリントアウトしたアクセスマップ大宮編、河原町編、三条編、私の注釈書き込み有り、をペラペラと取り出すと妹またもや爆笑。

妹「すげえwwwww行けるか自信ないとか言ってたのにこの人準備万端すぎwwwww見て回る気満々やんwwwwwワロスwww」
私「だって、迷ったら嫌やん。私のケータイナビないし。あんたはスマホやからいーけどさ…」
てまり謹製アクセスマップはその後も大活躍でした。

その時歩き出した私達の横をスッと追い抜かしていく老紳士がいました。ここでまたもや3つ目の衝撃。
老紳士は白いおヒゲを蓄えパナマ帽をかぶったお洒落な感じ。それだけなら良かったんですけど、ピンクのシャツに真っ赤なネクタイ、白い麻の(多分)ジャケット。そしてその下は

は い て な い


靴下に革靴。でもスラックスはいてない!!!周りの人もドン引き&苦笑。私達も驚きと込み上がる笑いを殺して地上出口へと階段を登っていたんですが、老紳士のジャケットが絶妙な長さで見えそうで見えない…!本当に何もはいてないのか?それともおパンツくらいははいているのか?それよりなにより通報されないのか…!
私「wwwwwwwwwwwwww」
妹「wwwwwwwwwwwwww」
結局階段を登り切るまで見えそうで見えない状態が続き、私は階段を上がる女子高生のパンツが見えそうで見えない状態の後ろを歩くドキドキ男性の気持ちをちょこっと理解できた気がしました。
なんか、ちょっと違うような気もしますけどまあいい。
老紳士は健脚で、私達が地上に出た時にはもうどこにもいませんでした。
ねえ、京都ってこんな街だったっけ…。

大宮から新選組の最初の屯所、八木邸に向かいます。お天気は曇りがちですが、暑くも寒くもなく割と快適に感じました。
そして10年ぶりの八木邸に到着。うっはテンション上がるってばよHoooooooooooooo!!
八木邸は門の中及び建物内は撮影禁止なので外から写真撮影。

八木邸

P1000838a.jpg

P1000839a.jpg

私「すごい…!10年前と全然変わってない…!」
妹「そりゃ、変わらない努力してるからじゃね?京都はそういう所なんだし、そのままで変わらなくていいものを大事に残していく、そういう努力もアリなんじゃねーの」

あれ、この人いつの間に吟遊詩人にジョブチェンジしたんだろう。
と、思いましたが、実はこの妹の言葉がものすごく心に響きました。

*

変わらない努力なんて考えもしませんでした。こんな自分は駄目だ、もっと努力しないといけない、常に良い方向へ変われない自分は駄目な人間なんだ、そういった思いしか今まで持ったことがなかったのです。
妹はよくウジウジしている私に
「まあ、そういうとことも含めて姉なんだからそれでいいんじゃね」
的な事を言うことがあるのですが(多分本人は意識してないと思う。もしかしたらただ単に面倒くさくてそう言ってる可能性も大)変わらないところがあってもいいのではないか、と。
変わらなければいけない事もあると思いますが、変われない自分の全てを否定して自分自身を認めない私でも、ああ、無理に自分を枷にはめなくてもいいのかもしれないと、そう感じました。
この妹の言葉は、まるで天啓のようでした。

*

ちょっとじんわりとしながら私の後ろにいた妹を振り返って見た時になんということでしょう4つ目の衝撃が。

妹の、妹の数メートル後ろに新選組隊士さんががががが!!!

はい?え?なに?と振り返った妹も驚愕。

スラリとした長身のかなりイケメン。20代くらいでしょうか。着物に小倉袴に浅葱のダンダラ羽織。腰には大小の二本差し。額には「誠」の鉢金をきりりと締めていました。
私、最初GWだしなんかそういうイベントでもやってんかな?と思ったのですが、いや、昨日八木邸、壬生寺、旧前川邸のHP見た時にはなんの告知もなかったぞ…。

と、思っていたらその人は普通に八木邸の見学券を購入していましたーーーーー。
コスプレなの?!まさかの?!今日ここで?!なんなの今日はこんなんばっかやん!神様からのプレゼントなの?

ねえ、京都ってこんな街(ry

え、超写真撮りたいんですけど、駄目ですかね?別にブログとかついったにうpったりしないんですごいかっこいいんで駄目ですかね?いいんじゃね行って来なよ意外と嬉しがられるかもよほらなんか他の見学者の人とかにも話かけられておしゃべりしてんじゃん行ってこいよいやいやいやでも若い子にきゃーあの写真撮らせてもらえないですかとか言われたら嬉しいだろうけどこんなおばさん(妹は年齢不詳ですが)に言われても反応に困るんじゃね?いいやんここはひとつチャレンジャーってことでいややっぱ無理無理無理!

と、妹との10秒位の小声でのやり取りの末、声をかけることは断念いたしました。残念…。あと20年若ければメアド交換してもらうのに…。
その方は八木邸の門を写メってました。緑のガラケーでした。
妹「良かったら撮りましょうか?って言ってこいよ(・∀・)ニヤニヤ」
私「いやマジで無理だから」

気を取り直して私達も券を購入してパンフレットとお茶券を頂きました。料金1000円で、少々お高い気がしないでもないこともないようなあるようなお値段ですが、ガイド付き、お抹茶とお菓子が出るので別に
「たけーよ」
という気持ちにはなりませんでした。

室内に靴を脱いで上がりますが、人が一杯でガイドさんの説明を聞くのに座る場所もないくらいでした。まず改めて驚いたのは天井の低さ。身長が150㌢の私でさえ圧迫感を感じるほどです。鴨居なんか男性は頭を下げないとガッといってしまいそうです。ちなみに妹は私よりも身長高いです。

妹「昔の人は今よりかなり小さかったって聞くけどこれ見るとホントそうなんだね」
私「ちょっと体格が良かった隊士なんか絶対頭ぶつけてるよね」
小声で話しながらガイドさんに従って別室へ移動。芹沢鴨一派暗殺の際の刀痕や、暗殺に加担したメンバーなどの待機場所の振り分けなどを聞きました。
…鴨暗殺には左之さんも加担していたはずなんですが名前が出て来ませんでした。いや暗殺に加担していて欲しかったわけではないですよ。ちょっと寂しかっただけ…。
観光の方々は沢山いましたが、皆さん品の良い方ばかりで落ち着いて見学することが出来ました。

*

実は少し怖かったんです。私は子供の頃からの筋金入りの新選組、幕末好きなので、色々な史跡を訪れる時はそれなりに厳粛な、というかその時代を静かに感じたいと思っています。今回は薄桜鬼というゲームのいわば架空の人物を重ねて楽しみましたけど、史実とゲームは全く別物であると私は思っています。乙女ゲームの攻略キャラの対象に設定されてはいても実際には壮絶な最後を遂げていたり、あるいはごく普通に結婚して家庭を持っていた方もいらっしゃいますし、それが史実であり、現実です。
ですが残念なことにゲームの世界しか知らず、ゲームの世界が全てだと思われているごく1部の方が好き放題暴れている話も聞くのです。
そういう方が本当に目の前にいたらどうしよう、他の見学者の方々に白い目で見られているのではないか、もしそんな場面に遭遇したら私は平静でいられるのだろうかと。

人の事は言えません。私も浮かれてましたから。ですがやはりそういう方の行動でにわかファンはこれだから…と舌打ちされるのも悲しいし、ゲームを全否定されるのも悲しいのです。最初池田屋以外に行くのを躊躇ったのもそういう理由もあるからなのです。
要するに御行儀よくしましょうね、ゲームや小説、ドラマや、マンガの中の彼らの妄想もいいけれど、周りに迷惑をかけないようにしようね、って事でしょうか。これは私の勝手な押し付けでしかないのですが。なんか上から目線ですね。ごめんなさい。そんなつもりじゃないんですけど、うまく書けません。
今、
「お前が生きてることが迷惑なんだよ。周りに被害ばっかかけやがって」
と頭の中で罵声が聞こえましたがその通りですねすみません。ちょっとまだ不安定でござる。

ところで
「さようなら」の語源は説が色々ありますが、私は武士の【「左様、ならば仕方ない」と袂を分かつという言葉が語源】説が大好きです。日本語って難しいけど美しい。

*

さて。

八木邸の隅々を見学して外に出たのですが、妹が結構真面目に色々見て回っていたのでちょっと意外&嬉しかったです。
それから、10年前とちっとも変わってないと書きましたがお手洗いが改装されてました。ものっそい綺麗になってましたw

先程のお茶券を出してお抹茶とお菓子を頂きます。こちらは現在は店舗になっているのですが、昔は離れだったと言うことです。
現在八木邸では和菓子を製造、販売しておられて、出されたお菓子も「屯所餅」というイチオシの和菓子です。まあ、食べて美味しかったら買ってね、ってことなんかな。中々商売上手でございます。
でもこの屯所餅ほんとーーーに美味しかったんですよ。私実家用と、自宅用に購入しましたもん。妹も大量購入していました。ただ残念なのは生菓子なので日持ちしないこと。本当はたくさん買っていつもお世話になっている方々に配りたかったのですが…。
ちなみに自宅用に5個入りのを買ったんですが、帰宅後
「一人何個?」
と子供に聞かれて
「私、1つ食べてきたからしーたとだんごで相談して食べたらいいよ。ゆうずぃはあんこ食べないから」
と言うと、次の日の昼にはもう残っていませんでした…。容赦ねえな…。10個入りにしときゃ良かった…。

ところでお茶を頂いてる時に、私の隣に件の隊士が座ったんですよ!!もう何なの?メアド聞けってことなの?運命の人なの?実は左之さんなの?
椅子に腰掛ける時に大刀のみ腰から抜いて自分の左に置きました。
武士は室内では脇差はそのまま、大刀のみ腰から抜いて自分の右側に置くのが決まりです。
何故右に置くのか。それは相手に対して刀は抜かないよ、敵意は無いよというパフォーマンスなわけですが、この隊士さんは命を狙われているのか、誰かを暗殺する機会を伺っているのか!ドキドキするううううう!!
普通にお茶飲んでお菓子食べてましたけど。

八木邸には新選組グッズなんかも販売していて、テンションの上がっていた私は中学生が修学旅行なんかで浮かれて変なもん買って帰って自宅で冷静になってから
「俺…なんでこんなもん買っちゃったんだろう…」
的な物を購入しそうでその衝動を抑えるので必死でした。でもマグカップ買っちゃった…。
キーホールダーとか根付とかもあったんですが、「誠」「新選組」の他は有名所(近藤、土方、沖田)しかありませんでした…。
テンションだだ下がりですよ…。

さて名残惜しいですが八木邸を出て今度は旧前川邸に向かいます。ところが反対方向に歩いちゃって先に壬生寺に着いてしまいましたよw
まあ、最初からリストに入っていたので別に問題はありません。
壬生寺は隊士のお墓もありますし、境内では沖田が近所の子供達を集めて遊んだとかで新選組とは何かと縁のあるお寺です。

壬生寺

入って右手におみくじ、お守り、グッズも販売していて、お、と思ってガン見してたらなんと!左之さんのキーホルダーがあるじゃないですか!!!!うひょーーーーーーー!!!お値段も300円とお財布に優しい!!!早速購入したのですが、あまりにもテンションが上がりすぎて帰宅してから壬生寺の写真を一枚も撮ってないことに気が付きました…。

あんまりなので左之さんのキーホルダーの写真のっけときます。

120511_150737.jpg

それでは今度こそ旧前川邸を目指して歩きます。
元々新選組は屯所に使っていたのは八木邸、前川邸、南部邸だったのですが、南部邸は現存しておらず、旧前川邸は何度か持ち主が変わっていると言うことです。当時から続いているのは八木家のみと言う事でしょうか。

旧前川邸

P1000840a.jpg

P1000842a.jpg

左之さんの名前があるうううううううううううひゃああああ!!!物騒な内容だけど!!
どこかわかりますか?(´∀`*)ウフフ
それにしても話には聞いていましたが旧前川邸本当に広いですね。井戸の数すごいな…。

旧前川邸は以前私が来た時には公開されていなかったのですが、現在は土日祝のみ玄関付近のみ公開されておられ、前川邸オリジナルグッズも販売されているのですが、これがクオリティ高くてびっくりしました。欲しいな、どうしようかな、と迷って結局買わなかったものもあるのですが、今になって激しく後悔しています。
旧前川邸さん…通販やってよ…。お願いしますよ…。
それか行くか。一人で。グッズのためだけに…。

あとね、私が新選組関連では一押しの面白さのマンガが何故か販売されていました。

新選組刃義抄 アサギ 1 (ヤングガンガンコミックス)新選組刃義抄 アサギ 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/06/22)
山村 竜也

商品詳細を見る


書籍もあちこちで販売しているのを見かけましたが私は個人的にはこれをおすすめしたい。

新選組隊士録新選組隊士録
(2011/12/21)
相川 司

商品詳細を見る


小説と言うより資料ですね。小説もいいけれどもたまにはこういうのもいいよね。すんごい濃いよ。
浪士組結成から函館新選組まで全520名の隊士の名簿です。出身、武術流派、所属、入隊時期、エピソードなどが満載です。
小説はおすすめがありすぎて書ききれる気がしないので省略します。

行きたい所全てを制覇し、駅へと戻ります。
私「なんかね、もう色々やりきった気分です」
妹「なに言ってんの(・∀・)ニヤニヤ今からがメインじゃねーの姉(・∀・)ニヤニヤ」

そうだったーーーーー!!

時刻は夕刻にさしかかり、少しばかり冷えてきたようです。
大宮から河原町へと電車で移動して、先斗町を抜けて三条へと向かいます。
おおお、夜の先斗町いいよいいよ!すごい風情がある!新しいお洒落なお店もあるんだけど、すごくうまく古い町並みに溶け込んでます。
妹「見てあれ!置屋さんとかお茶屋さんとかあるよ!」
私「ほんとだ…」
小さな表札だけで、言われなければ古風な民家にしか見えません。どーんと看板を出していないところがいかにも、と言った感じでいいですねえ。残念ながら今回は舞妓さんや芸妓さんにはお会いしませんでした。
途中から鴨川に出て散策という名のただのおしゃべりタイムを経て池田屋はなの舞へ到着。

キタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!!!!


P1000843a.jpg

P1000844a.jpg

人通りが多いので、隙を見て取り敢えず写真。予約の時間には10分ほど早かったのですが、スムーズに案内されました。典型的な京町家の作りです。鰻の寝床ですね。間口は狭いのにすんごい奥行きがあって広いです。席は3階だということで階段を上がります。
うわあ…踊り場に…薄桜鬼の土方、沖田、斎藤の衣装が…しかし左之さんのはない…。無念…。
壁にも薄桜鬼の壁掛けとかあって、なんというか、これは薄桜鬼ファンは嬉しいけど、ただ単に史実が好きで、池田屋が居酒屋になったとな?行こう!的な方々にはこれはなんだろうと思われているに違いない…。

さあ、何頼む?とコラボメニューを見るんですが、私、実はがっかりポイントがひとつありまして。
池田屋はなの舞のHPのコラボメニュー見ていて、ノンアルコールドリンクを事前にチェックしていたんですが、左之さんのノンアルコールドリンク…牛乳入ってんじゃん…。
私は子供の頃から牛乳は駄目で小学校6年間は本当に地獄だったんですよ…。卒業以来牛乳は飲んでいません。なんでここで牛乳なの…左之さん…。ヨーグルトやチーズは大好きなのに…。
妹「飲みなよ(・∀・)ニヤニヤ左之さんへの愛で(・∀・)ニヤニヤ」
私「これだけは無理だ…」
妹「じゃあ、姉頼むだけ頼みなよ。私が飲んでやろう(・∀・)ニヤニヤ」
私「それもいやだ。なんか悔しい」
悩んだ末に頼むものを決めて店員さんを呼びます。あー忘れてましたけど、店員さんはみんな新選組の法被を着ていました。私も着たい。
店「ご注文を承りますー」
私「…あの、これ…1つ」
へーちゃんのドリンクを指さす私。
店「はい!明るく元気な八番組組長おひとつですね!」
私「…///」
妹「www」
妹は鬼の風間のドリンクをオーダー。まずは乾杯です。
妹「何に乾杯すんの」
私「とりあえず左之さんに」
妹「wwwwwwww」
今になって思うんですが左之さんと私の愛に乾杯にすれば良かった。妹は笑い死にしそうですが。
あれですよ、妹は私との会話の中で常にゲラ笑いをしていたんですが、あれは私が笑わせていたんじゃない、私は笑われていたんだ!みたいなね…。

huLVV.jpg

妹はお酒が超強いのでガンガン飲んでました。すげえな…。私、アルコール制限かかってますが、かかってなくてもビール350ml飲み切ることが出来ないのに…。
色々飲んで(ノンアルコールドリンクを)食べて喋ってたんですが、なんかね、いつもと違う…。
私は居酒屋とか1年に1回か2回くらいしか行かないんですが、頼んだものを皆で食べれるので色んな物を味わえてすごく嬉しいんです。でもなんか…食べられない…。メニューはすごく頼みたいのたくさんあるのにお腹に入らない…。
胸がいっぱいで…乙女かお前は…!
いや、ホント。なんでだろう。今でもわかりません。

ここでまたもやお悩み爆発ですよ。
デザートに「桜ロールケーキと抹茶アイス」のセットがあるんですが、頼んだら一枚カードがついてくるんです。攻略キャラ6人の告白カードという喉から手が出るほど欲しい代物なのです。
ですが!これはシークレットなので選べないんです!まるで巷を賑わしているガチャですよ!最初に左之さんのカードが来る可能性もあります。だけど、土方、沖田、藤堂、土方、斎藤、斎藤、風間、土方とかになる可能性もあるんですね。私達がデザートは別腹とかスイーツ()大好きバイキングも行っちゃうみたいなタイプなら良かったんですが、悔しいことに私達が苦手とするジャンルのデザートなのですよ。まだゼリーとかパフェとかシュークリームとかならチャレンジしたのに…。
カードは諦めました…。おおおおお号泣…。

ラストオーダーのお時間も終わり、レジへ降りていくと、すごいお客さんが並んでいる…!!
レジも日曜日のショッピングセンター並に混んでいて、池田屋の人気を再認識いたしました。
いい気分で三条から今度は京阪特急で淀屋橋へ。京阪の駅名は「淀」とか「橋本」とかなんか血が滾ってきますよね。淀藩め、官軍が有利とみてあっさり幕府軍を見捨てて裏切りやがって…!てな感じです。帰りも電車に乗っていたのは1時間弱でしたがやっぱりずーっと喋ってました。

淀屋橋で御堂筋線へ乗り換え、最寄り駅へ。良い加減疲れているはずなのにアドレナリンだかなんだかのせいですっごい元気ですよ。
実家についてお茶飲んで今日の話を親に話したりしてたんですが、妹が八木邸の話をしていてカバンをゴソゴソしだしました。出てきたのはくっちゃくちゃになった八木邸のパンフレット。
それを見て私はカバンからクリアファイルに挟んだ今まさにもらったばっかりというような綺麗な八木邸のパンフレットを出しました。
妹「これがwwwこれが愛の無い人とある人の違いですよwwwもうダメだwww死ぬwww」
なんかわからんがツボに入ったみたいです。

気をつけて帰れよーと送り出されて夜という事もありゆっくりめで帰宅しました。時間は日がそろそろ変わろうかという時間帯です。とんだ遊び人です。
家事についてはあまり何も子供らには期待してなかったのですが、洗濯物が取り込んでたたんであり、お茶碗も洗ってあり、洗濯物も2回まわしてくれていました。体操服やクラブのユニフォームの関係でうちは夜まわして干しちゃうんです。で、朝持っていく。替えがあまりないのでね…。8㌔の洗濯機で1日最低3回はまわします。
ちょっとね、感動した。昨日冷蔵庫で紅茶こぼされた時にキレてごめんなさい。

ここ何年も遠出していなかったので興奮していたのか、眠剤を飲んでもあまり効かない私の不眠ちゃんはとっても元気で全く眠れず、結局うとうとしはじめたのは朝6時頃でした。だんごのクラブがあったので、だんごをたたき起こしてから意識がなくなり、昼過ぎまで寝てしまいました。
と、いうか、それから1週間近く寝こむはめになろうと誰が予想したであろうか…。
でも本当に楽しい時間を過ごせました。生きてて良かった、って認識したのも本当に何年ぶりかのことで、私は確実に良くなっているよ!と強く思いました。

妹、本当にありがとう。顔には出してなかったけど、すっごく疲れただろうなって反省してます。
行きたくもない所連れ回しちゃったしね。でも私は本当に嬉しかったし、楽しかったです。
妹が妹で、この妹で、姉妹で本当に私は幸せです。ありがとう。心から感謝します。

昔いじめて泣かしてごめんなさい。

なんてね。




でも恐ろしいのはね…半日一緒にいて沈黙があったのは池田屋はなの舞で私が焼き鳥を食べている時に笑ってしまって器官に入っちゃってむせて呼吸困難になった時くらいだと言うことと、帰宅してから、あ、あれも話してないこれも話してないとあんだけ喋ってまだ喋りたいことがあるってところですよ…。
怖いよねー。


以上、長くなりましたが簡単にお送り致しました。
長文読んで下さりありがとうございます。

はあーやっと書けたよー
任務は完了しました!隊長!






それではまた!
スポンサーサイト
category : よろづ事

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

てまり

Author:てまり

まったり更新雑記2代目ブログ。素でいきます。自分を取り繕うとか一切ナシとかのある意味自虐的な試みを突然やってみたくなりました。持って生まれた性格はなかなか変わらんのでいつまで続くかはわかりません。
取り扱いは日々の愚痴垂れ流し・メンヘル・健康または生存状態・子供の事・好きな事などなど。主な登場人物は
長男:ゆうずぃ(大4)
次男:しーた(高3)
三男:だんご(高1)
小説が好きですがマンガ、アニメもかなり好きです。たまにヲタ注意報発令。好きなものを突然ヤバイテンションで熱く語り始めるので注意が必要かも
スパム対策の為、トラバは承認後、表示させていただきます。


Pulseさんとのコラボブログ
korabo
気が向けば更新
book
秘密のメッセージはこちらから
mail

ついったー

現在鍵付いてます。リクエストはお気軽にどぞ https://twitter.com/te_ma_ri

リンク

あまぞん

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © てまりのひとりごと すっぴんVer.ふたたび All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:amu*ca)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。